投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

京王閣 F1 初日


 皆様、ご機嫌いかがですか。関東地方は桜が満開ですね。温かくもなってきていい季節になりましたね。家の近くにも桜並木がありまして、桜の木を見上げると心から落ち着くというか、なんというか感慨深げなですよね。これで流行病が収束していれば言う事なしなんですが、こればかりはまだまだ時間がかかりそうな雰囲気がありますね。もっと飲み薬などが多く出てくれば、変わってくると思うんですが。製薬会社の頑張りに期待したいところです。
 4月1日からは気変わりになりますが、選手の昇降級には関係ありません。まあ、うちらも何ら変わる事はないので、気持ちの問題というだけなんですが(苦笑)。
 4R
 狙うのはかなりパワーアップしている田口勇介ですが、まずは並びのご説明から。⑤田口勇介-③岡部芳幸-①柳沢達也・⑥外山三平・②新井僚太郎-⑦大橋徹-④峠祐介になりまして、3対1対3のスタイルです。田口は直近の2場所では無傷で決勝まで勝ち上がっています。相手が新井なら全くもって相手にしないでしょうし、軽くネジ伏せてしまうはずです。ただ、1番車の柳沢が新井よりも早く飛び出して前を取ってくれれば上記のような初周になって、田口が突っ張って本線3人での上位独占でしょう。柳沢は81点しかありませんが、直前の静岡ではいい伸びをしていましたし上向きですから。柳沢にとって前さえ取れれば分断もされないし、田口が全部やってくれて3着までが確約された状態になりますから、死に物狂いで取りに行くでしょう(笑)。
 突っ張りなら岡部の離れは考えなくていいし、踏み直された時に遅れるかどうかを考えるだけでいいから簡単です。お金がある人は田口ラインそのままの⑤③①にブッ込めばいいんでしょうが、うちらのようなサラリーマンは「ドンと張るお金」はありません。苦し紛れというのではなく、前走の伸びがあれば付けバテまである岡部を1車抜く車券は買い目なんじゃないかと。「田口の突っ張り」条件となりますが、柳沢が1車抜いてくれれば4桁配当でしょう。⑤①③を2000円1本でいってみます。

忍足記者のこれまでの記事一覧

2022年6月26日 22時46分更新
2022年6月25日 22時39分更新
2022年6月24日 21時06分更新
2022年6月19日 3時02分更新
2022年6月18日 2時03分更新
2022年6月16日 15時13分更新
2022年6月4日 17時04分更新
2022年6月3日 13時25分更新
2022年6月2日 14時53分更新
2022年5月31日 2時03分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

6/25~28日

優勝は北津留 翼(福岡)

6/16~19日

優勝は古性 優作(大阪)

6/9~12日

6/4~7日

優勝は吉沢 純平(茨城)

5/28~29日