投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

立川競輪での足跡


 今回は取材記者として初日と2日目に立川参戦。最終日のメンバーが出てから選手たちに聞いたネタをちょっと載せておきます。車券の参考にでもしてください。

 最終日1R 前川裕希は「今日は一旦前を切ってレースを動かしたかった。何もしなかったら5番手5着だろうし。ただ最終日はラインができるし自力勝負」。

 最終日2R 木村佑来は「初日は凄いメンバーの中で戦えて、結果は敗れたけどこのメンバーで戦えた事に自信を持てた。まだまだ強い人はたくさんいるし、自分も負けないように頑張るだけ。最終日は行けるところからしっかりと仕掛けたい」。

 最終日3R 飯島淳、渡辺藤男の関東勢はともに「位置決めず」のコメント。ただ渡辺は「流れの中で飯島君の後ろにいるかもしれないよ」とコメントは決めずも、気持ち的には飯島の後ろに居たいような感じだ。

 最終日4R 「いつも立川に来るとこんな番組。もう立川では3度、4度競ってるよ」と高橋広大がご立腹。「最終日も後藤(悠)君の番手にいくしかない」。

 最終日5R 谷和也は「2日目は先行できず、さらに捲れず。消化不良あるし、最終日は逃げていきたい」ときっぱり。

 最終日6R 2日目は佐藤真一を連れて逃げた伊早坂駿一。「また佐藤さんが後ろ。だからまたバックを取れるように走りたい」と地元勢を連れて再び逃走か!

 最終日7R 小原唯志は「地元の3番手は回れないし、ここは単騎で自力。2日間着は良くないけど、準決は逃げたし脚を確かめられた。決勝も頑張るよ」。

 最終日10R 武田亮に再度マークする河村雅章。「準決の武田君は早くから逃げてくれたが、最後までかかってた。強いよ」とベタ褒め。

 最終日11R 新山響平に初日特選同様に近藤隆司がマーク。「準決は別々だったが、記者さん達に『準決もワンツーしますよ』といったら本当にそうなった。決勝もまた新山君に付けられる番組だし、三度のワンツーを決めたいですね」とニヤリ。

本田記者のこれまでの記事一覧

2022年6月15日 15時53分更新
2022年1月22日 11時56分更新
2022年1月21日 12時31分更新
2022年1月2日 11時41分更新
2022年1月1日 15時00分更新
2021年12月5日 11時32分更新
2021年12月4日 11時55分更新
2021年10月15日 10時20分更新
2021年8月31日 17時44分更新
2021年7月30日 11時10分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

6/25~28日

優勝は北津留 翼(福岡)

6/16~19日

優勝は古性 優作(大阪)

6/9~12日

6/4~7日

優勝は吉沢 純平(茨城)

5/28~29日