HOME > 記者席ホットライン > 小倉競輪祭 G1 3日目

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

小倉競輪祭 G1 3日目 (長谷川)

 木暮安由と諸橋愛が連係しないのは競輪ファンや選手間では周知の事実だが、その2人が同時に決勝に上がったものだから、大黒柱の平原康多は頭を抱えて困り顔。「他の地区に対抗するには3人でまとまるのが一番。バラバラになったら威力が半減してしまう。まとまる方向で」と言って話し合いの場に向かったが、数分経って戻ってくると「木暮に僕で、諸橋さんは別になりました。この並びの意味は皆さんが推理してください。というか、改めて言わなくても分かるでしょう(苦笑)。僕が前でやるってなったら2人が競る可能性があるし、みんながみんな走りにくくなってしまう。全員にチャンスがあるようにって考えると、これが一番綺麗な分かれ方なんじゃないですか」と説明。相手は現日本一の新田祐大に深谷知広-金子貴志の最強師弟コンビだし、分かれたことで平原自身も非常に苦しい戦いになりそう。単騎でやると思われた諸橋はちゃっかり? 新田マークを主張していたのはビックリ。これによりライン構成は新田-諸橋、木暮-平原、深谷-金子、山中秀将-渡辺晴智、単騎の北津留翼で超細切れ戦。毎日抜群の新田が大人気で、展開有利は弟子を使える金子、穴で気になるのは本気を出せば新田レベルと評判の北津留となる。「この大会は昨年も一昨年も決勝で誘導を引いているから、これで3年連続のファイナリストです(笑)」と面白発言をしていた北津留の絡みは絶対押さえておきたい。

記者席レポート記事一覧

2020年10月24日 18時52分更新
2020年10月23日 15時10分更新
2020年10月18日 17時18分更新
2020年10月16日 19時15分更新
2020年10月15日 19時07分更新
2020年10月15日 10時12分更新
2020年10月11日 21時05分更新
2020年10月10日 21時59分更新
2020年10月9日 22時22分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

10/15~18日

優勝は脇本 雄太(福井)

10/8~11日

優勝は山本 伸一(京都)

10/1~4日

優勝は郡司 浩平(神奈川)

9/26~29日

優勝は新田 祐大(福島)

9/18~21日

優勝は中本 匠栄(熊本)