投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

久留米 (石濱)

熊本記念 決勝コメント
1番 松岡辰泰
「準決は作戦が甘かった。ちょっと人任せでしたね。何とか自分だけギリギリ勝ち上がれたし、みんなの分まで頑張りたい。初日にS班と対戦した反省を生かして。単騎」。
2番 郡司浩平
「二日目に長い距離を踏んだせいか楽に踏み込めた。良い流れで決勝を迎えられました。決勝は話して深谷さん。初日はワンツーを決めている」。
3番 小松崎大地
「周輝の立ち回りは悪くなかったけど、もう一個前にいないと。頑張ってくれたし、切り替えて自分で踏みました。踏み込んだ瞬間は出が悪かったけど、何とか頑張った。ラインに助けられている感じで良くも悪くもない。自力勝負」。
4番 村上博幸
「準決は結果を出せて良かった。気持ちが入っていたので疲れました。あと一日しっかり頑張ります」。
5番 守沢太志
「深谷君が凄く強かった。北津留君は見えていたので何とかそこだけ仕事をしようと。深谷君が出切った後は僕の仕事なので。ラインで決まって良かった。状態は日に日に良くなっている。もう少し微調整します。今年は記念の優勝がないし、狙って行きたい。小松崎さんの後ろ」。
6番 高橋陽介
「深谷君はラインのことを考えて仕掛けてくれる。ありがたいですね。脚の方もいいと思います。記念の決勝は3年前の小田原以来かな。もう乗ることはないと思っていた(苦笑)。北の4番手」。
7番 松浦悠士
「想定通りにレースを進められたけど、最後は残せるかどうかの判断が難しかった。結果的に行かれているし、判断ミスですね。状態面は変わらず良いと思う。自力自在にいく」
8番 佐々木雄一
「小松崎君が臨機応変にやってくれた。僕は離れないようにしっかり付いていこうと。自分の調子は良いけど、それ以上に周りがみんな強いので。決勝は北3番手。九州は本当に相性がいい」。
9番 深谷知広
「前は取りたくなかったけど、誰もでなかったので。あそこで構えるとラインが潰れるし、キツかったけど仕掛けました。出切った時には脚を削られていた。重く感じたし感触も状態も良くないけど、地のパワーを発揮できている。普段の高い強度の練習が支えてくれている。決勝は自力で勝負したい」。

記者席レポート記事一覧

2022年12月13日 20時56分更新
2022年12月12日 15時34分更新
2022年10月6日 16時57分更新
2022年10月2日 19時57分更新
2022年10月1日 19時31分更新
2022年9月30日 15時57分更新
2022年9月27日 0時17分更新
2022年9月25日 18時56分更新
2022年9月7日 16時10分更新
2022年9月3日 3時28分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

6/27~30日

優勝は吉田 拓矢(茨城)

6/22~25日

優勝は山崎 賢人(長崎)

6/11~16日

優勝は北井 佑季(神奈川)

6/6~9日

優勝は阿部 将大(大分)

6/6~9日

優勝は大矢 崇弘(東京)