HOME > 記者席ホットライン > 岸和田 高松宮記念杯 G1 前検日

  • AOKEIネット新聞

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

岸和田 高松宮記念杯 G1 前検日 (長谷川)

 昨年までは一次予選だけ東と西に分かれて、二次予選以降は東西混合のレースだったが、今年から二次予選も準決も東と西に分かれて、東西の選手が交わるのは決勝だけ(敗者戦は別)。この勝ち上がりシステムは2001年以来16年振りだそうで、深谷知広や原田研太朗といった20代の若手は「こういうのは初めてで新鮮。面白そうですね」と言っていた。
 初日のメインは11Rの白虎賞と12Rの青龍賞で、西のベスト9と東のベスト9がぶつかるが、車券的に面白いのは青龍賞の方。吉田拓矢-平原康多-武田豊樹-木暮安由と関東4人結束なら『番手捲り』になる可能性が高く、二段駆け愛好家にとっては楽しみなレースだ。

記者席レポート記事一覧

2017年6月29日 18時30分更新
2017年6月28日 15時36分更新
2017年6月26日 18時22分更新
2017年6月25日 18時32分更新
2017年6月24日 18時43分更新
2017年6月23日 15時26分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

6/24~27日

優勝は牛山 貴広(茨城)

6/15~18日

優勝は新田 祐大(福島)

6/8~11日

優勝はパーキンス(オーストラリア)

6/3~6日

優勝は吉沢 純平(茨城)

5/27~28日

優勝は古性 優作(大阪)