HOME > 記者席ホットライン > 大垣トラック競技支援競輪 3日目

  • AOKEIネット新聞

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

大垣トラック競技支援競輪 3日目 (長谷川)

 外国選手がレースを終えて引き揚げてくると通訳の人を介してインタビューが始まるのだが、今回来ている3選手は来日回数が非常に多くて日本語もイケる。準決で失敗2着のボスは開口一番「ゴメンナサイ」と言って頭をペコリ。どうして外国人のたどたどしい日本語は、あんなにかわいらしく、イヤミな感じじゃなく聞こえるのか不思議だ。明日の決勝は一番前を任され「600メートルセンコウシマス」と言っていたし、打鐘からメイチ行ってくれそう。
 ボス-パーキンス-ドミトリエフの強烈トリオに対して日本勢は高橋和也-小林信晴-伊勢崎彰大、佐藤友和-佐藤康紀に単騎の東龍之介というライン構成。「ハコ含め」コメントの東が外国勢分断に出る可能性もあるが、ヨコに動いている間にダッシュ勝負で置いていかれてしまう? この間のいわき平の決勝もボス-パーキンス-ドミトリエフのところに内藤宣彦がジカで行ったが、一瞬で置き去りだった。ここは素直にパーキンスとドミトリエフのズブズブ勝負。ボスが普通に残るか、デキのいい高橋や伊勢崎を絡めるかの3着選びでよさそうな気がする。

記者席レポート記事一覧

2017年12月16日 18時56分更新
2017年12月15日 18時42分更新
2017年12月15日 18時34分更新
2017年12月13日 15時58分更新
2017年12月9日 18時26分更新
2017年12月8日 18時28分更新
2017年12月7日 18時31分更新
2017年12月6日 16時05分更新
2017年12月4日 18時28分更新
2017年12月3日 18時38分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

12/7~10日

優勝は早坂 秀悟(宮城)

12/2~5日

優勝は田中 晴基(千葉)

11/23~26日

優勝は新田 祐大(福島)

11/11~14日

優勝は村上 博幸(京都)

11/2~5日

優勝は和田真久留(神奈川)