HOME > 記者席ホットライン > 函館 ナイターG3 2日目

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

函館 ナイターG3 2日目 (石濱)

嵯峨昇喜郎が捲って勝利。「超気持ち良かった」



2日目の嵯峨は圧巻だった。
打鐘前に内を差してしまい7番手と絶体絶命。
それでも「最終ホームでは行くと決めていた」とロング捲りを放ち逃げた久米康平を軽く飲み込んだ。マークしていた新山将史を振り切り準決勝へ向けて弾みの付く一勝を手にした。
「打鐘の所は少し焦ったけど、ホームでは必ず行くつもりだったので。前のスピードを使って仕掛けることができたし、久々の捲りでも良い感じでした」と確かな手応えを掴んでいた。

嵯峨と言えばデビューちょっとでS級に上がったポテンシャルの高い選手。当時はカマシ捲りを武器に活躍したが、近年は怪我に泣かされてきた。
ここ最近は確実に復調していたが、以前のようなカマシ捲りではなく長い距離を踏んでのもの。新たなスタイルで上昇気流に乗ってきた。
「最近は内容に拘っていたので、意識的に長い距離を踏んでいました。今は1周半なら行ける自信はある。捲りを打ってなかったので、少し不安だったけど超気持ち良かったです(笑)。捲っていて楽しかった」と最高の表情で二次予選を振り返った。

メンバーが発表されると準決勝のメインに嵯峨の名前が。
「かなりやりやすいように組んでくれましたね。先行選手が少ないし、自分のやることが決まってきそう。今日は捲りだったけど、基本的にはラインで決められる走りを意識して」と浮かれることなく明日を見据えた。

記者席レポート記事一覧

2022年12月13日 20時56分更新
2022年12月12日 15時34分更新
2022年10月6日 16時57分更新
2022年10月2日 19時57分更新
2022年10月1日 19時31分更新
2022年9月30日 15時57分更新
2022年9月27日 0時17分更新
2022年9月25日 18時56分更新
2022年9月7日 16時10分更新
2022年9月3日 3時28分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

5/25・26日

優勝は清水 裕友(山口)

5/11~14日

優勝は深谷 知広(静岡)

4/30~5日

優勝は平原 康多(埼玉)

4/26~28日

優勝は児玉 碧衣(福岡)

4/20~23日

優勝は真杉  匠(栃木)