HOME > 記者席ホットライン > PIST6 2日目 後半戦

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

PIST6 2日目 後半戦 (伊藤博)

PIST6 順位決定戦B(ランキング2)
6R
1着 坂本 亮馬 「単勝1、0倍は心臓に悪い。逃げ切りなんていつ以来だろう。3年前の前橋が最後かな。1コースだったから難しいレースになったけど、勝てて良かった」。

PIST6 順位決定戦C(ランキング1)
7R
1着 近藤 隆司 「3コースだったから、残り2周半か2周で思い切り仕掛けようと思っていたけど、先頭だったはずの西村さんが下がってきて前から2番目になったので動かずに前後の動きを見ながらの仕掛けになった」。
4着 西村 行貴 「最初の1周だけ、くじで決められた位置を走ればいいので2周目に先頭から下がりました」。

PIST6 順位決定戦D(ファイナル13ー18)
8R
1着 堀江 省吾 「前半のレースは6コースで大失敗の走りになってしまったし、また6コースになって同じ失敗はやれないと思い走った。一度、前に出ようと仕掛けたことによって上遠野さんの番手に入れて、良い展開になった。
3着 上遠野 拓馬 「普段から自力でやっているから、残り3周で突っ張った。でもゴール前にタレました」。

PIST6 順位決定戦E(ファイナル7―12)
9R
1着 長尾 拳太 「前半のレースも6コースからだったし、一度は自分からレースを動かそうとは思っていた。すんなり伊藤さんの3番手に入れて1着が取れた。未勝利だったのでこの1着は嬉しい。また走る機会があったら決勝に乗って頑張りたい」。

PIST6 決勝(ファイナル1―6)
10R
1着 小林 泰正 「タイムトライアル1位の山田さんが後ろになったから、一度下がってから朝倉君の動きに乗って行った。最後は山田さんの後ろに乗り換えるように(内を)踏んだけど、たまたまコースが空いてくれただけです。でも久しぶりの優勝で嬉しい」。
2着 山田 義彦 「後ろに菅田君がいるのは分かっていたし、外を気にしながら踏んだら、内から小林君に行かれた。3コーナーからゴール前の詰めが甘いですね」。
3着 菅田 壱道 「優勝も見えただけに悔しい反面ホッともしている。先行選手を見極めながら仕掛けたかったけど、立ち後れてしまった」。

記者席レポート記事一覧

2021年10月10日 20時46分更新
2021年10月10日 17時30分更新
2021年10月10日 9時29分更新
2021年10月9日 17時15分更新
2021年10月9日 10時56分更新
2021年10月8日 18時15分更新
2021年10月8日 16時11分更新
2021年10月7日 11時25分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

10/14~17日

優勝は宿口 陽一(埼玉)

10/7~10日

優勝は嘉永 泰斗(熊本)

9/30~10/3日

優勝は郡司 浩平(神奈川)

9/23~26日

優勝は佐々木 雄一(福島)

9/17~20日

優勝は山口 拳矢(岐阜)