HOME > 記者席ホットライン > 小田原記念 G3 2日目

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

小田原記念 G3 2日目 (長谷川)

 二次予選2着で共同会見の場に現れた田中晴基が「もう自力は出しません。これからは追い込みでやっていきます」と宣言したからビックリ。
「自力をやめようと思ったキッカケは今年の2月の平記念。自分は南関のマーク屋では松阪英司さん、内藤秀久さん、望月永悟さんの3人を尊敬しているんですが、そこで英司さんと一緒のレースがあって、全然動けず迷惑をかけてしまったんです。頑張ろうって気持ちがあるのに体が反応しないんだから、これはヤバいな、自力はキツいなと思うようになって、今年中に変わろうと決めました」。
 なぜこのタイミング? と思ったが、これにもちゃんと理由があるようで、2人の『大物』の名前を挙げて丁寧に説明してくれた。
「自分が25歳の時、山口幸二さんがグランプリを獲った次の年なんですが、名古屋の宿舎のバス移動でたまたま幸二さんの隣りの席になって、『自力じゃ全く勝てません。限界感じてます』と相談したら、『変わるのはまだ早い。30歳まで頑張ってみろ』と言われて。グランプリ王者がそう言うなら30歳までやってみようとなったんです。それから5年経って30歳になった時に、今度は松山記念の風呂場で村上義弘さんと話す機会があって、『今のサプリメントやトレーニング理論があれば35歳まではイケるぞ』と言われてしまい…(笑)。自分はもともと村上さんが憧れの人だったし、そんな人にそう言われたら、やるしかないですよね(笑)。そういうのもあって35歳までは自力で頑張って、今このタイミングで変わろうというわけです」。
 童顔で高校生みたいな雰囲気の田中だが、レースになれば厳しいヨコもガンガン使って、これまで多くの選手を仕留めてきたハンター。「自分もこっち(追い込み)の方が向いていると思います」と言っていたし、すぐに『追い込みの田中』として定着するだろう。今後どういう選手になりたいか? と聞いてみると、「南関の小倉竜二と呼ばれたい(笑)。小倉さんは男が惚れる男だし、やるべきことをしっかりやって、周りから信頼される選手になれれば…」と良い表情で答えてくれた。

記者席レポート記事一覧

2021年9月26日 11時15分更新
2021年9月22日 16時25分更新
2021年9月12日 10時24分更新
2021年9月10日 10時50分更新
2021年9月9日 11時11分更新
2021年9月4日 19時52分更新
2021年9月3日 19時14分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

9/23~26日

優勝は佐々木 雄一(福島)

9/17~20日

優勝は山口 拳矢(岐阜)

9/9~12日

優勝は浅井 康太(三重)

9/2~5日

優勝は脇本 雄太(福井)

8/26~29日

優勝は松井 宏佑(神奈川)