HOME > 記者席ホットライン > いわき平 オールスター G1 初日

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

いわき平 オールスター G1 初日 (長谷川)

 初日のドリームレースは松浦悠士不発の展開から清水裕友が鋭く抜け出し1着だったが、ここでは五輪帰りの脇本雄太、新田祐大のコメントを紹介したい。
 まず脇本。「自分の今のコンディションだと、どういう作戦でっていうのが想像つかなくて、自分が行きたいタイミングがあったら行きたいって話していた。深谷君は僕と同じでオリンピックを目指して同じトレーニングをしていたし、仕上がっていたのは知っていた。正直、今日に関しては迷いがあった。コンディション的にも満身創痍なのは間違いないなって。今日走って疲れをすごく感じたんですが、(2走目に連係する)稲川さんには『今のコンディションでも出来る事をするのでよろしくお願いします』と伝えました」。
 新田は「今年一発目ということですごく緊張しましたし、オリンピックとは違う緊張感がありました。バンクコンディション、ギヤ比、フレームなど、さまざまな違いがあったんですが、日本の競輪は見ていたので、誰がどういう動きをするか想定して、その通りにレースが動いてくれた感じです。着はすごく悪かったんですが、松浦君の大きな『やめ』が誤算だっただけで、ポジティブに考えたら、あれだけ外踏まされてもゴール前勝負まで持っていけたので、自分の力を出し切ったレースだったと思います。明日が楽しみですね」。

記者席レポート記事一覧

2021年9月26日 11時15分更新
2021年9月22日 16時25分更新
2021年9月12日 10時24分更新
2021年9月10日 10時50分更新
2021年9月9日 11時11分更新
2021年9月4日 19時52分更新
2021年9月3日 19時14分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

9/23~26日

優勝は佐々木 雄一(福島)

9/17~20日

優勝は山口 拳矢(岐阜)

9/9~12日

優勝は浅井 康太(三重)

9/2~5日

優勝は脇本 雄太(福井)

8/26~29日

優勝は松井 宏佑(神奈川)