HOME > 記者席ホットライン > 立川記念 初日

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

立川記念 初日 (石濱)

 立川記念初日が終了。強い選手が順当に勝ったが、中でも番手の選手がキッチリ展開を生かし切った1日だった。印象に残ったのは10R。南潤の突っ張り先行を差して白星スタートの村上義弘は「潤が力を出し切るレースをしてくれた。組み立てにも感謝ですね。彼は点数こそ落としているけど、こんなもんじゃない。脇本(雄太)に追い付く素材を持っている選手だし、これからの成長が楽しみです」と終始絶賛。レースを見れば分かるが、赤板からフカして2着に粘った南が強いのはもちろんだが、その南をゴール前で図ったかのように交わす村上も流石のひと言。最近の競輪はスピード競輪で自力選手ばかり光を浴びるが、新規の競輪ファンには追い込み選手の魅力も分かって欲しい。

記者席レポート記事一覧

2021年1月17日 18時02分更新
2021年1月15日 17時54分更新
2021年1月14日 18時01分更新
2021年1月13日 16時20分更新
2021年1月7日 17時34分更新
2021年1月6日 18時09分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

1/21~24日

優勝は松本 貴治(愛媛)

1/14~17日

優勝は平原 康多(埼玉)

1/4~7日

優勝は平原 康多(埼玉)

12/30

優勝は和田健太郎(千葉)

12/29日

優勝は松井 宏佑(神奈川)