HOME > 記者席ホットライン > グランプリ前夜祭

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

グランプリ前夜祭 (渡辺)

ガールズグランプリ共同記者会見の後は、グランプリ共同記者会見が行われました。

1番車・郡司浩平:「地元の平塚GPが決まってからここを目標にしてきました。去年のGPはよく分からないまま終わった感じでしたが、今年はしっかり獲りにいくつもり」。
並びに関しては「いつも連係している和田さんの前で自力でやらせてもらいます」。

2番車・脇本雄太:「競輪祭での落車に関しては完治はしていませんが、練習はやっていますし練習のタイムも普段通りのタイムが出ているので大丈夫だと思います」。
並びに関しては「昨日(21日)に平原さんから連絡をもらい、付いてくれると。ラインができた事の喜びを感じながら、いつも通りのレースを」。

3番車・松浦悠士:「最後の最後の(競輪祭での)失格は悔いが残りますね。でも今年はS班の責任を持って走れたと思う。GPは去年よりは落ち着いてソワソワせずに走れると思います」。
並びに関しては「17日に清水君と長めに話をして僕が前で自力です」。

4番車・和田健太郎:「GP出場については南関地区の層の厚さが自分に向いたのかなと。出場が決まってからの気持ちの変化も特にありませんね」。
並びに関しては「郡司君の後ろ。単騎がいなくなりライン戦になるのでしっかりしたレースになりそうですね」。

5番車・清水裕友:「今年は後半の不調が印象に残りますね。ただ要所要所で優勝できたけど競輪祭もあんな感じだったので」。
並びに関しては「松浦さんの後ろです。今回の並びについては時間がかかって、練習している時に一緒に話して決めました」。

6番車・守沢太志:「今は伊豆の学校で良い練習ができていて順調ですね。これからGPに向けて更に仕上げていきたい。GP初出場なので悔いは残したくないですね」。
並びに関しては「新田さん、慎太郎さんの後ろでしっかり自分の役割を果たしたい」。

7番車・平原康多:「今年の中盤以降は落車もあり体調を戻すのに精一杯でした。まあ、毎年のことなんですけどね。(記者に11回目の出場と振られると)そろそろ獲りたいですね」。
並びに関しては「ギリギリまで単騎でという考えもありましたが、脇本君に付けることにしました」。

8番車・新田祐大:「オリンピックが延期になってからも従来通りのスケジュールで調整。8月のオリンピック期間が終わってからはスケジュールを組み直して練習し続けました。その中でサマーナイトあたりから戦える仕上がりになってきました」。
並びに関しては「慎太郎さんと守沢に前で頑張りという気持ちを抑えてもらって(苦笑)、自分が前で頑張ります」。

9番車・佐藤慎太郎:「連覇っていうのはまったく思っていないですね。今は沖縄の暖かい中で練習ができているので体は動いていると思う」
並びに関しては「守沢と2人の場面では前を任せることもありますが、今回は自分が新田の番手で。きっちり自分の仕事をしたい」。

以上、GP出場者のコメントでした。車番は想定番組のものなので、当日改めてご確認ください

記者席レポート記事一覧

2021年1月15日 17時54分更新
2021年1月14日 18時01分更新
2021年1月13日 16時20分更新
2021年1月7日 17時34分更新
2021年1月6日 18時09分更新
2021年1月5日 18時17分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

1/4~7日

優勝は平原 康多(埼玉)

12/30

優勝は和田健太郎(千葉)

12/29日

優勝は松井 宏佑(神奈川)

12/28日

優勝は児玉 碧衣(福岡)

12/24~27日

優勝は野原 雅也(福井)