HOME > 記者席ホットライン > 防府記念 G3 3日目

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

防府記念 G3 3日目 (加納)

 地元記念の3連覇が懸かる清水裕友は赤板から逃げて2着。「あの距離の先行は頭になかった。掛かりも良くなくて、脚よりは気合で走った」と強い気持ちを持って臨んだ競走だった。決勝は地元連係で同級生の宮本隼輔の番手。「連係はこれが3回目。過去2回とも自分が番手で1着」と好相性をアピール。7月に完全優勝で地元記念3連覇を達成した脇本雄太は記憶に新しく、同じS班として清水も貫録を示したいはず。「緊張で死にそう」と表情は険しいが、プレッシャーをはね除け伝説を築く。

記者席レポート記事一覧

2020年12月3日 18時57分更新
2020年12月2日 16時26分更新
2020年11月22日 22時39分更新
2020年11月21日 22時06分更新
2020年11月20日 20時59分更新
2020年11月19日 22時24分更新
2020年11月18日 22時17分更新
2020年11月17日 16時03分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

11/18~23日

優勝は郡司 浩平(神奈川)

11/5~8日

優勝は佐藤慎太郎(福島)

10/31~11/3日

優勝は清水 裕友(山口)

10/24~27日

10/15~18日

優勝は脇本 雄太(福井)