HOME > 記者席ホットライン > 前橋 寬仁親王牌G1最終日

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

前橋 寬仁親王牌G1最終日 (伊藤博)

 寬仁親王牌優勝は脇本雄太。「前受けはダメだろうと。自分で考えていた初手の位置より恵まれた位置が取れた。新田さんに警戒されたけど、踏み出し勝負で前に出られたのは大きい。先行逃げ切りですから嬉しいですよ」。
 2着の新田祐大は「昨日(準決)と同じ所でしかけられれば…。見てしまった。前の東口さんが小刻みに震えてきた様子を見てたら千切れてきて…。判断ミス。競輪祭で優勝します」。
 3着の東口善朋は「昨日(準決)で脇本君に付いていけて脚に刺激が入ったし、今日(決勝)も行けるかと思ったら、更にレベルが上がった。競輪選手になって初めての経験」。

記者席レポート記事一覧

2020年10月26日 18時09分更新
2020年10月25日 18時44分更新
2020年10月24日 18時52分更新
2020年10月23日 15時10分更新
2020年10月18日 17時18分更新
2020年10月16日 19時15分更新
2020年10月15日 19時07分更新
2020年10月15日 10時12分更新
2020年10月11日 21時05分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

10/15~18日

優勝は脇本 雄太(福井)

10/8~11日

優勝は山本 伸一(京都)

10/1~4日

優勝は郡司 浩平(神奈川)

9/26~29日

優勝は新田 祐大(福島)

9/18~21日

優勝は中本 匠栄(熊本)