HOME > 記者席ホットライン > 前橋 G1 寛仁親王牌 3日目

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

前橋 G1 寛仁親王牌 3日目 (長谷川)

 普段の記念でもそうだが3日目4日目になってくると「○○のアドバイスでセッティングを変える」「○○の自転車を借りて走ってみる」という選手がちょこちょこ出てくるが、今回の親王牌もそういう選手が何人かいて、低迷している現状を打破しようと必死に自転車とにらめっこしていた。愛媛の佐々木豪は「脇本(雄太)さんに借りた自転車をぶっつけで使ってみたら乗り心地が抜群。車の進みもめっちゃ良かった。明日もこれで走るし、1着を取って気持ちよく帰りたい」。長崎の大スター井上昌己は「今朝のローラー練習で桑原(大志)さんから乗り方のアドバイスをもらったんですけど、それを実戦で試したら体全体で踏めるようになった。この歳になっても教わることは多いですね」と言っていた。今日のレースで大穴をあけた大槻寛徳も「スピードレースに対応しようと今回はセッティングを大幅に変えてきた。練習仲間の和田圭に聞いてナショナルチーム寄りのやつにしたんですけど、微調整・微調整の繰り返しでだんだんと良くなってきた。あと1日楽しみですね」とニッコリ。
 メインの決勝戦は脇本雄太・新田祐大のナショナル大格上コンビが抜けている感じで、2人のどちらかが獲る確率が8割くらい。2人が失敗したときは郡司浩平か松浦悠士の優勝。初めての兄弟連係となる山田英明&庸平は三連単の2着3着で買いたくなる。

記者席レポート記事一覧

2020年10月26日 18時09分更新
2020年10月25日 18時44分更新
2020年10月24日 18時52分更新
2020年10月23日 15時10分更新
2020年10月18日 17時18分更新
2020年10月16日 19時15分更新
2020年10月15日 19時07分更新
2020年10月15日 10時12分更新
2020年10月11日 21時05分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

10/15~18日

優勝は脇本 雄太(福井)

10/8~11日

優勝は山本 伸一(京都)

10/1~4日

優勝は郡司 浩平(神奈川)

9/26~29日

優勝は新田 祐大(福島)

9/18~21日

優勝は中本 匠栄(熊本)