HOME > 記者席ホットライン > 岐阜記念 G3 2日目

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

岐阜記念 G3 2日目 (長谷川)

 浅井康太の独自の理論には『なるほどな~』と思わされることが多く、何年か前の四日市記念で「自転車は馬と同じ。最後の直線は鞭を打つイメージで走っている」と聞かされたときは驚いた。今日の予選2の7Rは谷口遼平の後ろで大楽の1着だが、番手選手の心得・ゴール前の抜き方など細かい部分を丁寧に説明。「後ろを回る選手というのは、ただ操縦するだけじゃなく、レース前に気持ちを落ち着かせてやるのも大事な仕事。遼平は一緒になるといつも行かなきゃ行かなきゃって焦ってしまうし、今日は『好きにやれ。俺は初日のポイントで余裕があるから』と言って、心の面を穏やかにさせて走らせた。仕掛け方とか仕掛けるポイントは反省するところもあるけど、初めてのワンツーだしヨシとします。また自分自身も今日はめちゃくちゃ余裕があって、後ろを見ながらしっかり走ることができた。オールスターで深谷(知広)の後ろを回ったときは全然余裕がなかったし、あのときの状態なら踏みすぎて(谷口遼を)沈めていたかもしれない。前よりは確実に良くなっていますね」と終始笑顔。加えて「勝利者インタビューでファンの前に顔を出したら、頑張れ~って声援がとても多くて嬉しかった。ここのお客さんはいつも厳しめの声が多いんですけどね(笑)。前に四日市のF1で誘導をやったときは金網越しのファンから『大丈夫か』『また上に戻ってこい』って同情するような声援がすごく多くて、いやいや俺まだ終わってないよって思いながら聞いていた(笑)。あのときの誘導はそれ以外にもお金のことで色々考えさせられて、誘導で貰える金額は普段のレースより少ないけど、世の中を見渡しても小銭を稼げる人間じゃなければ大金は掴めないし、そういった意味では『こういうのも大事』と思うことが出来ていい経験になった」。

記者席レポート記事一覧

2020年12月4日 18時38分更新
2020年12月3日 18時57分更新
2020年12月2日 16時26分更新
2020年11月22日 22時39分更新
2020年11月21日 22時06分更新
2020年11月20日 20時59分更新
2020年11月19日 22時24分更新
2020年11月18日 22時17分更新
2020年11月17日 16時03分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

11/18~23日

優勝は郡司 浩平(神奈川)

11/5~8日

優勝は佐藤慎太郎(福島)

10/31~11/3日

優勝は清水 裕友(山口)

10/24~27日

10/15~18日

優勝は脇本 雄太(福井)