HOME > 記者席ホットライン > 名古屋 G1 4日目

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

名古屋 G1 4日目 (渡辺)

 準決12Rでは逃げた新山響の3番手から捲った脇本雄がレコードタイの10秒4の快速捲りを発揮し1着突破。その近畿ライン3番手を追う形になった松浦悠は引き揚げ、記者陣の前に現れると「何なんでしょうね。あのスピードは…。逆転とかそういう問題ではなく、離される一方。ちょっとショック」と苦笑い。
その後、ファイナリスト9人が出揃った中、中四国勢の3人はまとまり、原田研-松浦悠-柏野智でラインを組む事に。松浦は「脇本さんに対して、研太朗や自分の個だけの自力ではキツい。同期の研太朗と話し合った結果のラインです」と説明。個のパワーで敵わなければ、ラインの力で逆転を狙う。これも競輪。

記者席レポート記事一覧

2020年11月22日 22時39分更新
2020年11月21日 22時06分更新
2020年11月20日 20時59分更新
2020年11月19日 22時24分更新
2020年11月18日 22時17分更新
2020年11月17日 16時03分更新
2020年11月5日 23時05分更新
2020年11月4日 19時05分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

11/18~23日

優勝は郡司 浩平(神奈川)

11/5~8日

優勝は佐藤慎太郎(福島)

10/31~11/3日

優勝は清水 裕友(山口)

10/24~27日

10/15~18日

優勝は脇本 雄太(福井)