HOME > 記者席ホットライン > 名古屋 G1 2日目

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

名古屋 G1 2日目 (渡辺)

 11Rのオリオン賞では近畿勢の並びは三谷竜-村上博-村上義となっていた。三谷が出切れないとみるや番手の村上博が捲り仕掛けるが不発。結果は3番手の村上義が3着に食い込むのがやっとという結果に。
その村上義は「今日の並びに関しては、初めて博幸が自分から前を回りたいと言ってきた。その事もあったが、実際に競走の中で、自分が感じていた以上に博幸が責任感を持って走ってくれていたのにはちょっと熱い気持ちになりましたね」と語りながら、村上義はこみ上げてくるものを抑える表情を見せた。
『魂の走り』という村上義にとってはこれ以上ないカンフル剤になったかも。

記者席レポート記事一覧

2020年11月22日 22時39分更新
2020年11月21日 22時06分更新
2020年11月20日 20時59分更新
2020年11月19日 22時24分更新
2020年11月18日 22時17分更新
2020年11月17日 16時03分更新
2020年11月5日 23時05分更新
2020年11月4日 19時05分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

11/18~23日

優勝は郡司 浩平(神奈川)

11/5~8日

優勝は佐藤慎太郎(福島)

10/31~11/3日

優勝は清水 裕友(山口)

10/24~27日

10/15~18日

優勝は脇本 雄太(福井)