HOME > 記者席ホットライン > 名古屋 G1 初日

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

名古屋 G1 初日 (渡辺)

 コロナ禍にあり、記者も取材制限を受ける中でのIインタビュー。涼しい冷房の効いた検車場には入れず、屋外での取材形式。記者仲間の合言葉は「熱中症に気を付けろ」。
ただバンクは暑い中だけに、「軽くてスピードが出る」と選手が口々に語る。初日の10Rで先行しラインで連独占に導いた寺崎浩は「凄い軽く感じますね、特にバックが流れますよ。だから初周から気持ちに余裕が生まれてきて、しっかり駆ければ決まるなという確信があった。暑いので脚もよく回ってくれていたので状態的にも手応えを感じましたよ。初のG1で二次予選以降も暴れたい」と抱負を述べる。

記者席レポート記事一覧

2021年6月19日 19時01分更新
2021年6月17日 18時45分更新
2021年6月13日 3時04分更新
2021年6月11日 2時58分更新
2021年6月10日 1時12分更新
2021年6月7日 18時05分更新
2021年6月6日 18時11分更新
2021年6月5日 18時52分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

6/10~13日

優勝は町田 太我(広島)

6/10~13日

優勝は柴崎  淳(三重)

6/5~8日

優勝は守沢 太志

5/29・30日

優勝は松浦 悠士(広島)

5/20~23日

優勝は小倉 竜二(徳島)