HOME > 記者席ホットライン > 松阪 共同通信社杯 G2 初日

  • AOKEIネット新聞

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

松阪 共同通信社杯 G2 初日 (長谷川)

 清水裕友の番手で1着スタートの小川慎太郎が「流れ一本! 自動番組最高」と終始笑顔だったが、2日目の二次予選A10Rも自動番組の妙で松本貴治を引き当てる超幸運。「小倉竜二さんから『俺の後継者はお前だ』ってずっと前から言われているし、番手の時はちゃんとやんなきゃっていつもの2倍緊張する。明日(2日目)に関してはグランプリ当確の松浦(悠士)さんが3番手を固めてくれるし、プレッシャーが半端ないっすね。前にも後ろにも迷惑をかけないように頑張らなきゃ!」と気を引き締めていた。

記者席レポート記事一覧

2020年5月30日 18時23分更新
2020年5月29日 15時41分更新
2020年5月24日 17時30分更新
2020年5月23日 19時22分更新
2020年5月22日 19時19分更新
2020年5月21日 23時20分更新
2020年5月20日 23時52分更新
2020年4月25日 18時45分更新
2020年4月24日 18時44分更新
2020年4月23日 18時23分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

5/30~31日

優勝は松浦 悠士(広島)

5/21~24日

優勝は浅井 康太(三重)

4/23~26日

優勝は松浦 悠士(広島)

4/2~5日

優勝は浅井 康太(三重)

4/26~29日

優勝は松浦 悠士(広島)