HOME > 記者席ホットライン > 名古屋オールスターG1 4日目

  • AOKEIネット新聞

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

名古屋オールスターG1 4日目 (長谷川)

 「主役」の脇本雄太が準決で脱落し、決勝戦は4人でまとまる北日本ラインが断然有利に。先導役となる菅田壱道は「単騎で狙いたいって言ったら、これがラストチャンスと言っているのと同じになる。競輪はこれで終わりじゃないし、ここで頑張れば来年・再来年は自分に返ってくるはず。色々な葛藤があったけど、一番前で頑張らせてくださいって志願しました」と腹を括っている様子。前検日から「これが今年最後のG1。獲るつもりで来た」と言っていた男の『潔い決断』は立派だし、新田祐大-渡辺一成-佐藤慎太郎の番手捲り成功車券②⑥⑨をしっかり買いたい。

記者席レポート記事一覧

2019年9月15日 19時14分更新
2019年9月7日 18時20分更新
2019年9月6日 18時50分更新
2019年9月6日 18時26分更新
2019年9月5日 18時03分更新
2019年9月5日 15時52分更新
2019年9月4日 15時25分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

9/5~8日

優勝は新山 響平(青森)

8/29~9/1日

優勝は松浦 悠士(広島)

8/24~27日

優勝は郡司 浩平(神奈川)

9/14~18日

優勝は新田 祐大(福島)

8/9~12日

優勝は山岸 佳太(茨城)