HOME > 記者席ホットライン > 名古屋オールスター G1 3日目

  • AOKEIネット新聞

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

名古屋オールスター G1 3日目 (長谷川)

 最終のシャイニングスター賞は清水裕友が駆けて原田研太朗-松浦悠士の番手捲りワンツーだったが、「本当の引っ張り役」の太田竜馬は残り2周で落車して戦線離脱。中四国はもともと太田-清水-原田-松浦の並びだったし、清水が早めに番手から出れば原田-松浦の車券は買えるっちゃ買えるが、清水が着外に沈んじゃうのはさすがに考えにくいし、ここぞとばかりに勝負した二段駆け愛好家はみんな撃沈したのでは? このレースについて清水は「自力にチェンジした判断はよかったと思うけど、オッズのことを考えたらお客さんは納得していないかもしれない。う~ん…」と険しい表情。落車に巻き込まれかけた脇本雄太も「びっくりどころじゃないですよ。イレギュラーすぎる展開で何にも出来なかった」とぐったりしていたし、選手にとってもファンにとっても微妙なレースになってしまった。

記者席レポート記事一覧

2019年9月15日 19時14分更新
2019年9月7日 18時20分更新
2019年9月6日 18時50分更新
2019年9月6日 18時26分更新
2019年9月5日 18時03分更新
2019年9月5日 15時52分更新
2019年9月4日 15時25分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

9/5~8日

優勝は新山 響平(青森)

8/29~9/1日

優勝は松浦 悠士(広島)

8/24~27日

優勝は郡司 浩平(神奈川)

9/14~18日

優勝は新田 祐大(福島)

8/9~12日

優勝は山岸 佳太(茨城)