HOME > 記者席ホットライン > 和歌山記念 G3 初日

  • AOKEIネット新聞

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

和歌山記念 G3 初日 (長谷川)

 武田豊樹と村上義弘は単騎の時でも常に全力勝負。何かしら必ず仕掛けてくる、というのは競輪ファンなら誰もが知っていることだが、新年一発目のレースから武田があれだけ大暴れするとはビックリ。「スッと下げると思っていたら、いきなり持ってこられて…」とは3番手を飛ばされた椎木尾拓哉のコメントで、初日からいきなりヨコ・ヨコ・ヨコと攻めてくるとは思わなかったようだ。武田本人は「もう少し何かしたかったけど…」と首を傾げていたが、45歳になってこれだけ走れるのは素晴らしすぎる。明日の二次予選Aは何度も連係している金子幸央と一緒だし、チャンスが巡ってきたらきっちりモノにしていそう。

記者席レポート記事一覧

2019年3月16日 18時10分更新
2019年3月15日 18時23分更新
2019年3月14日 15時26分更新
2019年3月9日 18時33分更新
2019年3月8日 18時23分更新
2019年3月7日 19時00分更新
2019年3月6日 15時57分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

3/15~17日

優勝は桐山 敬太朗(神奈川)

3/7~10日

優勝は渡部 哲男(愛媛)

2/28~3/3日

優勝は阿竹 智史(徳島)

2/23~26日

優勝は古性 優作(大阪)

2/16~19日

優勝は村上 博幸(京都)