HOME > 記者席ホットライン > 和歌山記念 G3 前検日

  • AOKEIネット新聞

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

和歌山記念 G3 前検日 (長谷川)

 明日の初日特選12R。行こうと思えば新山響平の番手に行けるのに「自分でやります」と言った和田健太郎にはビックリだが、年明け最初の平塚で和田真久留-内藤秀久と別でやっているのを考えたら、自然な流れと言えば自然な流れか。「一発目の平塚でも宣言したけど、今年は基本自分でやるつもり。まだまだ手探りの状態だし、この人には付ける、この人には付けないみたいな明確なものは何もなくて、その時のメンバーや話し合いで決めていこうと思っています。仮に近藤隆司と一緒の時でも俺が前っていうのもありますよ」。渡辺晴智や中村浩士と共に『南関はひとつ』を合い言葉に頑張っていた選手だから、この展開はまさかまさかという感じだが、こういう決断をした和田本人にも相当な覚悟があったはず。「キッカケになったのは近藤隆司の言葉かな。1年ぐらい前に『和田さんも自分でやってみたら?』と言われて、う~ん、そうか~とずっと考えていたんですよね。1000メートルの独走タイムも昔の若い時より今の方がいいし、自分自身の競輪の脚にも自信がある。チャレンジするなら今だなって思って、今年から新しいスタイルでやることに決めました。周りから色んな意見があるのは十分承知しているし、番組を作る人たちにも苦労をかけちゃうけど、一度やると決めたからには強い気持ちで!」。中堅~ベテランの間の37歳の和田がはじめる『新しい競輪』にこれから注目していきたい。

記者席レポート記事一覧

2019年3月16日 18時10分更新
2019年3月15日 18時23分更新
2019年3月14日 15時26分更新
2019年3月9日 18時33分更新
2019年3月8日 18時23分更新
2019年3月7日 19時00分更新
2019年3月6日 15時57分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

3/15~17日

優勝は桐山 敬太朗(神奈川)

3/7~10日

優勝は渡部 哲男(愛媛)

2/28~3/3日

優勝は阿竹 智史(徳島)

2/23~26日

優勝は古性 優作(大阪)

2/16~19日

優勝は村上 博幸(京都)