HOME > 記者席ホットライン > 前橋 寬仁親王牌 G1 最終日

  • AOKEIネット新聞

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

前橋 寬仁親王牌 G1 最終日 (伊藤)

 寬仁親王牌決勝は前受けの脇本雄を渡辺一は押さえようとしたが、脇本は突っ張りペースアップ。そこを3番手から清水裕が一気に叩いて主導権を奪取。柏野智は何とか続くが余力なし。三谷竜が浅井康を弾いて脇本-三谷が前団好位をキープして脇本がV。
 優勝の脇本は「まず渡辺(一)さんを突っ張ってその後は緩めると渡辺さんのカマシがあるのでペースを上げた。清水(裕)の仕掛けは見えず対処こそ遅れたが、バックでは優勝を確信できたし、余裕もありました。夢の東京五輪へ向け気を引き締めていく」。

記者席レポート記事一覧

2018年12月8日 18時48分更新
2018年12月7日 18時18分更新
2018年12月7日 18時09分更新
2018年12月6日 18時58分更新
2018年12月5日 15時25分更新
2018年12月3日 19時10分更新
2018年12月2日 18時57分更新
2018年12月1日 19時06分更新
2018年12月1日 0時32分更新
2018年11月24日 22時18分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

12/6~9日

優勝は松浦 悠士(広島)

12/1~4日

優勝は浅井 康太(三重)

11/20~25日

優勝は浅井 康太(三重)

11/10~13日

優勝は山崎 賢人(長崎)

11/1~4日

優勝は清水 裕友(山口)