HOME > 記者席ホットライン > 松戸サマーナイト G2 前検日 

  • AOKEIネット新聞

投票サイト リンク集

各電子新聞 絶賛発売中!

松戸サマーナイト G2 前検日  (加納)

 第14回サマーナイトフェスティバルとガールズ競輪フェスティバル2018がいよいよ開催。外気もさることながら、検車場は記者、カメラマン、TV、選手でごった返し熱気が高まる。まずはガールズから2Rに出走する奥井迪「いやー正直厳しい戦いの始まりだなって感じ。色々考えた時期もあったけど、やっぱり自分のスタイルを崩さず戦いたいって思う。でも、先行で1着ってものすごく大変なんですよ。最近は決勝に乗ることの難しさを痛感しています。賞金がギリギリだし余裕はない。それでも魅せるレースを心掛けて、更に賞金の上積みを図りたい」と汗だくになりながらインタビューにこたえた。その約1時間後に9Rに出走する神山拓にメンバー表を見せると「ん~。厳しいメンバーだね。これ2着までに入らないといけないんでしょ?(1着・2着と3着2名が準決)。自分のわがままだけど、ここは竹内(雄作)君の番手を主張する」と1度は志智俊との競りを選択。しかし、その約10分後「すみません。コメント変更します。関東でまとまります」と3番手を固める事を決断。理由を尋ねると「ちょっとね目の前しか見えていなかった。1人になって冷静に考えたら、ここで競るのは違うなって思った。ラインがあったからこそ優勝した事もあったし、いまここに自分がいるのもラインがあったからこそ。宿口さんにはお世話になっているし、自分が3番手を固める事で芦沢君の動ける幅も広がると思う」と心中を吐露。改めて競輪は人間味があって面白いなと感じた瞬間だった。

記者席レポート記事一覧

2019年2月16日 18時26分更新
2019年2月15日 15時24分更新
2019年2月2日 18時44分更新
2019年2月1日 18時41分更新
2019年1月31日 18時49分更新
2019年1月30日 15時40分更新

G1・G2・G3開催予定(優勝者)

2/8~11日

優勝は中川 誠一郎(熊本)

1/31~2/3日

優勝は太田 竜馬(徳島)

1/24~27日

優勝は村上 博幸(京都)

1/17~20日

優勝は神山 拓弥(栃木)

1/11~14日

優勝は池田 憲昭(香川)