HOME > アオジロー > 平成の記憶
AOKEIネット新聞

各電子新聞 絶賛発売中!

投票サイト リンク集

平成の記憶

 
 山陽GⅠ第25回平成チャンピオンカップ。写真は第5回大会の物。記憶によると、そもそも平成チャンピオンカップが始まった理由は場外発売が目的。当時、場外発売はSGだけだったが、出場メンバーを豪華にして山陽の売り上げアップを目的とした企画レースだった。競輪の「ふるさとダービー」のような感じ。逆に今は場外発売のやり過ぎでレース場に来るお客が減ってきている。

 山陽オートGⅠ平成チャンピオンカップ初日。
 3R、スタート切れている⑤谷津圭が早めに抜け出す。⑧浦田信が逆転一番手になるが、⑥西村龍、⑦伊藤信も反撃にでて⑤⑧=⑥、⑤⑧=⑦。
 5R、スタートムラな⑤中山透だが、残して出るとスピード発揮。⑥田中賢、⑧荒尾聡が相手になり、逃げる②石橋大も絡めて⑤⑥=⑧、⑤⑥②、⑤⑧②。
 8R、⑧佐藤貴がカマシて速攻。⑤森谷隼、⑥高宗良が巻き返すが、①石井輔の逃げ粘りも一考で⑧⑤=⑥、⑧⑤①、⑧⑥①。
 11R、⑦鈴木宏が飛び出して、⑧中村雅を引き出す。④春本綾が先に抜け出すと押し切りも可能で⑧=④⑦。

アオジローのこれまでの記事一覧

2020年6月2日 8時04分更新
2020年6月1日 9時51分更新
2020年5月31日 9時29分更新
2020年5月30日 8時30分更新
2020年5月29日 8時30分更新
2020年5月28日 10時01分更新
2020年5月27日 9時36分更新
2020年5月26日 8時29分更新
2020年5月25日 9時41分更新
2020年5月24日 10時29分更新

アオジロー

アオジロー

溝口伝者
生まれ育ったのが川口なのが運の尽き? オートレースにハマって約30年… 無理に穴を探して、墓穴を掘ることも多々あるが「当たりは偶然、ハズレは必然」をモットーに車券を楽しんでいます。(時々苦しい)

溝口伝者
アオジローの黒幕。
記者ではないので、伝者と呼んで下さい。
自称、車券カウンセラー謙コーディネーターです。

SG・G1・G2開催予定(優勝者)

2020年2月22日~2月26日

優勝は佐藤 摩弥

2020年1月9日~1月13日

2019年12月27日~12月31日

2019年12月18日~12月22日

優勝は黒川 京介

2019年12月4日~12月8日

優勝は若井 友和